月収と月商の違い

せどりをやっている人って、結構月商を大げさに

公表している人が多いけど、物販だから月商を

大きくしようとすれば、たくさん仕入れればいい

訳で、資本をたくさん投入することが出来れば、

誰だって、すぐに月商100万なんて達成できるわけ

だけれども

スポンサーリンク

 

実際の所、月収に関しては本人にしかわからない訳です。

月商に関しては、アマゾンなら、セラーセントラルの管理画面を

見せることが出来るし、ヤフオクでも、販売ページを見せることは

出来る。

でも、仕入れがいくらで、送料がいくらで・・・

などということは、本人にしかわかる訳ない。

だから、転売をやっている人の中には、売り上げ(月商)の方

ばかりを強調する人も見受けられます。

●「月商」とは=売り上げの総額

●「月収」とは=売り上げの中の収益となった部分(売り上げー経費)

これをアマゾンペイメントの場合に置き換えると

●「月商」=商品売り上げの総額

●「月収」=(売り上げの総額)-(Amazon手数料)-(仕入れ代や梱包費などの経費)

となります。

 

私は○百万円稼いでいます。とか大きくうたっても

アマゾンのセラー画面の数字のところを見せているだけ

というのを結構見かけるので、ここのところは注意深く

見て、その人が本当に稼いでいるのかどうかを

見極めないと、と思います。

実際、一度だけ売り上げが100万になったくらいで、

転売のコンサル生を募集して、その収入が実は100万で

現在は自分で転売はほとんどやってない!なんていう人も

たくさんいますからね!要注意です。

月収と月商の違いをよ~く見てから、その人のいうことを

信用するかどうか判断しないといけませんね!ちなみに、私の最近の売り上げです。

uriage-1

なんとか、月商30万の売り上げをコンスタントにあげられるように

なって、月収も約10万になりましたが、まだまだですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*