ネットだからこそ相手への気遣いを

私がせどりを始めたばかりの頃の失敗から、相手の方と

凄く心を通じることができた事 があってその時の話を

しようと思います。 まだ始めたばかりの頃、知り合いから

もういらないからと、大きなゴミ袋2つ分のCDや ゲームソフト

を貰って、その中から売れそうなものだけをピックアップして

(かなりバラバラだったので、分別するのに一日かかった)

アマゾンに出品したら、すぐ翌日そのうちの一つのゲームソフト

が売れたんです。

 

スポンサーリンク

 

値段は300円位だったけど、

元手は0円ですから・・・ 喜んで、出品準備をして

いたら、ケースと中身が違っていたんです。

同じシリーズの物だったけど、肝心の中身が違う。

そこで、アマゾンのサイトから購入者に連絡すると

いうボタンを押して、メールを送りました。

するとすぐに本人から返事があって、 「そのソフトも

欲しいと思っていたので、買取りたい」 と言って

来たんですね。 中に入っていたソフトは1400円

くらいで出品されていましたが、中身のみですから、

モチロンそんな金額をいただくわけにはいかず、

相手の方からは「700円で譲ってください」と

本来であれば、最初の取引はキャンセルして、

今持っているソフトをソフトのみ700円で出品

というやり方が正しいのでしょうが、しばらく考えて

わたしはこう提案しました。 「このままこの値段で

このソフトを何事もなかったかのごとく送ります。

その代わり、いい評価をいただけると嬉しいのですが」

この提案に相手の方も賛成していただいたので、

間違ったソフトを300円くらいで販売 その結果、

私は「新規出品者」から評価1が付いて、その後の

取引も順調に 行くようになりました。 このやり取りは

アマゾンの中に記録されているので、 アマゾンの方が

読むことが有れば、褒められたものではないし

元々商品の点検を怠っていたので、とんでもない

のですが、 相手の方もとても喜んでいただいて、

私も出品した商品がなかなか売れず、 「新規出品者」

から脱出するのにどうすればいいだろう、と悩んでいた

ので 買ってくれた方がいい方で、本当に良かったと

凄く心に残る取引でした。 ネットは顔が見えないし、

本名も明かさずに取引が出来るから、 自分が儲かれば

それでいい。 そう、思っている人は、やはり文章の端々に

そういう気持ちが 現れるような気がします。

見えないからこそ、誠実に、そう有りたいものです。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*