差額=利益では無い

せどりについて紹介しているブログを参考に

色々と見ていて、「あれっ、おかしい」と思うものが

あったので、ちょっと書いてみます。

仕入れ価格とアマゾン価格の差がそのまま利益?

そんな表現をしているところは信用してはいけません。

スポンサーリンク

 

アマゾンに出品して売れた時には、販売価格から

色々な手数料が引かれて、その残りが入金となる。

主な手数料は、

カテゴリー手数料:60円~140円

販売手数料:8%~45%

基本成約料:小口出品者は1点につき100円

        大口出品者は月額4900円

例を詳しく見てみよう!

EXODUS→   EXODUS.2

これは明らかにおかしいですよね!

この商品の販売手数料は15%ですから、1019円

6792円から1019円とカテゴリー手数料140円と基本成約料100円を引くと

差額は153円です。

こんな商品、仕入れますか?

私は仕入れません。

こんなふうに見かけの差額だけを強調しているようなツールとか

せどらーは私は信用しません。

せどりってそのほかにも、仕入れに行く交通費とか、送るための送料とか

クリスタルパックとか、経費がかかるんですから、この商品は、

トータルでいえば、完全に赤字です。

これくらいの差額の商品は絶対仕入れられません。

アマゾンで販売するなら、アマゾンで販売するための手数料を

きちんと把握しないといけません。

見せかけだけの差額を主張しているものに騙されないようにしましょうね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*