アマゾンランキングだけに頼るな?

仕入れ基準として、アマゾンランキング〇〇位以内とか

をいう人がいますが、それは間違ってはいないけど、

実は結構危険だったりします。

どういうことかというと・・・・・・

スポンサーリンク

 

このAmazonランキングというものが以外にも

クセモノなんです。

瞬間的なランキングに惑わされるな!

というのも、このランキングはその時点でのランキングであって、

一時的にランキングがアップしているに過ぎないこともあるんですね。

 

例えば普段は5万位くらいの商品が、何らかの要素で

突発的に売れてその瞬間だけ1万位になっているかも

しれません。テレビで特集があったとか、訃報があったとか、

そういうことで特別な需要が出る場合があります。

(こういう時はチャンスかも?)

 

ですから、今のランキングだけで判断しないように、

これまでの傾向を見ておく必要があります。

 

ランキング推移をチェックするサイトを活用する

これまでの傾向をチェックするのに使えるのがこちらのサイトです。

プライスチェック

モノレート

これらのサイトでは、時系列でランキングの推移を把握することが

できます。頻繁に1万位に届いているのか、ただ今だけ、いわば

まぐれで入っているのか、一目瞭然です。

 

試しに何らかのDVDをASINコードなどで検索してみてください。

ランキングのグラフを見ると、ポーンとランキングが上がっている

(モノレートはグラフが下がった時)

タイミングがありますよね。これが売れたであろうと思われる時、

ということになります。

 

過去3か月間くらいを見て、毎月この跳ね上がりが5回あれば、

おそらく次の1か月も5回は売れるだろう、という仮説が立てられます。

そうすると、ライバルを抑えて一番で売ろうとせず

2,3番手で売れれば良いという風に構えていても、

1か月以内には売れると計算をすることができます。

 

案外おいしいパターンは?

逆の事も、また言えますね。

今のランキングは8万位の商品でも、過去6か月間くらい

さかのぼってみると、結構売れているという場合

よく見てみると、今の価格が高すぎて売れてない!

ということがわかることがあります。

過去によく売れている価格で売っても利益が出そうなら

過去の価格に合わせて出品すると、即決で売れて行く

ということもあります。

 

 

モノレートは平均ランキングが表示されますから

それを見て、仕入れるかどうか?の判断をすることが

できます。

 

実際の所はアマゾンのランキングはいろいろと細かい要素が

絡んで成り立っているようですが、売れれば上がる、

と思っておいて問題ないです。

 

そのうえで、過去の傾向を分析して、仕入れるかどうか、

仕入れたならいくらで価格を設定するか、決めていきましょうね。

 

せどりを始めてみようかな?と思っている方に朗報です。

せどりのツールが無料です。こちらから

       ↓

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*