売り上げが上がらない訳は?

最近、ちょっと売り上げが思うように上がってなくて、

なぜ、売れてないかについて、在庫をうろついて

考えてみた。

スポンサーリンク

 

仕入れた商品が売れない理由は?

出品している商品が売れない理由は、ズバリ

「売れない商品を仕入れているから」

というキツイ表現になってしまいます。

 

もちろん、誰だって最初から「売れない」と思った商品は

仕入れませんよね。

結果的に売れない商品を仕入れてしまった、という方が

正しいかな?

分析して見るとこんな感じ

 

〇売れると思いこんでいた商品を仕入れた

〇本来だったら売れる商品だったけど、売れるタイミングを見誤った。

〇売れる子農政を見いだせない商品を価格差だけを基準に仕入れた。

〇データを読み違えて大量に仕入れた結果売れ残りが発生した。

 

難しいのは仕入れの段階では、「売れるもの」と思って仕入れた

ものの、タイミングの問題で、相場が下落してしまったり、品薄で

高値を付けていたものが、再販されたりという外的な要因も、「売れないもの」

の概念に含まれるということなんです。

 

でも、こんな外的要因についても、個人的な感情は挟まずにシビアに

その商品については「売れないもの」というしかない。

ビジネスというのはそれだけシビアなものですからね。

売れるものだけを仕入れるのは非常に難しい

売れるものだけを追い続けていても、必ず売れないものも仕入れて

しまうものなんです。

都合よく100%の確率で完ぺきに売れるものだけを仕入れる

なんてことは不可能だと思った方がいいでしょう。

売れないものを仕入れてしまうことは悪いことではありません

思ったように売れなかったら、すぐに価格改定する!仕入れ値に

こだわらない!←ここが重要です

 

売れるものを追い続けるには?

追い続けるといっても、売れるものをただ後ろから追い続ける

だけではないということです。

〇網を張って売れるものを一気に捕らえる方法

〇待ち伏せしてタイミングを見計らって売れるものを狙う方法

〇人が持っている売れるものを追いかける方法

 

網を張ってというのはチマチマと商品1個1個を追うのではなく

一度に効率良くといった方法ですね。

待ち伏せというのは、その商品の需要がピークに達するタイミングを

見計らってといった感じです。

人が持っている売れるものを追いかけるというのは実践している

せどらーさんも多いと思います。そういったツールもありますしね。

いくつか例を挙げましたが、どれか一つの手段を選択すれば

いいというものではなくて、バランスよく取り入れて売れるものを

追いかけていく、というのがせどりで稼ぎ続けていくコツかもしれません。

「売れるものを追い続ける」って言葉だけ聞くと簡単そうだけど、

その手段を考えると、結構大変だったりします。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*