お宝が売れた!

先日お話していた「防弾少年団」のDVDが売れました。

Amazon仕入れの情報源はGoogleAlerts

スポンサーリンク

 

このDVDが何故私の目に留まったか?というと

「映像〇〇部門」と書いてあったからです。

BOOKOFFの商品には、商品名が書いてあるんですが、

「映像〇〇部門」と書いてあるのは、何故かというと

BOOKOFFにもその商品に対する情報がない、という

ことが考えられます。

 

ということは、ほとんど商品が無い「プレミア商品」である

ことが多いということです。

今度商品名ではなくて「映像〇〇部門」と書いてあるDVDを

見つけたら、必ず検索して見てください。

 

先程のDVDですが、2950円→19800円で20日くらいで売れました。

ヤッホー!とガッツポーズしてしまいました。

利益は16850円充分ですね。

こういうお宝にたま~~にめぐりあえるからやめられません。

検索しにくいものにはチャンスが

ジャンコードが見えなかったり、規格番号もついてないという

商品は検索するのに、タイトルだったり、アーティスト名

だったりを入れてみるんですが、中々今手元にあるものが

モノレートで出てこなくてイライラします。

こういうめんどくさい商品を時間をかけて、調べると

「ヤッター!」

と叫びたくなるほどのお宝に遭遇することがあります。

 

めんどくさい商品は誰だって敬遠したくなるものですからね。

インストアコードが読み取れるツールは必要?

では、BOOKOFFやTUTAYAやゲオなどのインストアコード

を読み取れるツールは必要か?というとDVDを検索するには

そこまで、必要ないのでは?というのが私の見解です。

もちろん、そういうツールがあれば、もっと売り上げを上げることが

できるのかもしれませんが、そこまでしなくても、と思って

います。

 

インストアコードを読み取ることができるツールというのは

ほとんどの場合、月額課金になっているものが多いので、

自分の売り上げがかなり上がってから導入してもいいのでは

ないでしょうか?

 

私が所属しているDVDせどりのチャットグループのリーダーも

使っていませんよ!(彼は月商200万以上です)

 

 

 

せどりを始めてみようかな?と思っている方に朗報です。

せどりのツールが無料です。こちらから

       ↓

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*