鋼の錬金術師が実写化!

今日、大きなニュースが発表されましたね。

『鋼の錬金術師』山田涼介で実写映画化!

原作はTVアニメ化されたり、アニメ劇場化されたり

している人気コミックです。

スポンサーリンク

 

主人公、エドワード・エルリック役を務めるのはHey! Say! JUMPの

山田涼介さん。ウィンリィ・ロックベル役に本田翼さん、

ロイ・マスタング役としてディーン・フジオカさんが決定。

またマース・ヒューズ中佐役に佐藤隆太さん、

リザ・ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子さん、

ハクロ将軍役に小日向文世さん、マリア・ロス少尉役に夏菜さん、

グレイシア・ヒューズ役に原田夏希さんがキャスティング。

物語の鍵を握るショウ・タッカー役は大泉洋さん、

ドクター・マルコー役は國村隼さんが演じることが発表されました。

さらに宿敵ホムンクルス(人造人間)のラスト役に松雪泰子さん、

エンヴィー役に本郷奏多さん、グラトニー役に内山信二さん、

共謀するコーネロ教主役に石丸謙二郎さんがキャスティングされました。

また監督は実写映画「ピンポン」で知られる、曽利文彦監督が担当する

ことも明かされており撮影は6月上旬、イタリアロケからスタートするとのことです。

全世界シリーズ累計部数7000万部を超えるモンスターコミックが

どのように実写化されるのか、完成が楽しみです。

 

主役のエドワードを演じる山田涼介はアクションについて

「できる限りスタントは入れず、自分を追い込んでやってみたい

と思っています」といっているらしいです。

 

公開は2017年の冬らしいですが、今からチェックするのは?

タイアップはDVD-BOXをチェック

今でも大人気のDVD-BOXはというと

hagane

今日のニュースで、すでに注目が集まっているみたいです。

今日のランキングは、なんと4915位です。

hagane2

こちらは、4459位です。どちらも今日のニュースだけですでに

注目が集まり売れ行きが良くなったみたいですね。

 

もう一つこのニュースで、ツイッターで話題にのぼったのが

「大佐は絶対ミッチーだとおもっていた」

原作者・荒川弘さんが同作15巻で、実写映画化された場合の

配役についてコメントする漫画を掲載していたため。

その中で荒川さんは「ロイ・マスタング大佐」役には

及川光博さんを起用したいとしていたためらしい。

 

「大佐は絶対ミッチーだと思っていた」「ミッチーになると信じていた」

とツイートするファンが続出しています。

twtter

 

実際にロイ・マスタング役として出演するのはディーンフジオカさん

「かっこいいけど、大佐のイメージではない」という意見が多いらしい。

確かに、ミッチーの大佐のほうがしっくりきそうかな?

 

すでに動き始めている「鋼の錬金術師」しばらく目を離せそうに

ありません。要チェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*