100点満点は無理

BOOKOFFから仕入れて帰ってきて、出品しようと

したら、「あれっ、失敗した。」という時もある。

そんな時はどうするか?




 

スポンサーリンク

 

そんな時には、利益が出なくても、周りに合わせて

出品するしかない。

100点満点を狙う必要は無い

「仕入れた商品は全部利益を出して売らなきゃ」

なんて思っているとしたら、その考えは今すぐに

捨てたほうがいい。

 

勿論仕入れるときには、自分なりにリサーチして

仕入れているんだけど、出品したとたんに価格競争に

巻き込まれてしまって、価格を下げざるを得ない、

ということもしばしば、現実はそううまくはいかない。

全体での黒字を意識する

仕入れるときには、「この値段で売れるはず」という

大きな思い込みをしてしまう、これが大きな勘違い

 

常に意識しなければならないのは、一つ一つの

商品すべてを黒字にするのではなくて、トータルで

の黒字を意識するということ。

 

周りの価格が下がってしまっているのに、仕入れ価格

を意識して、「損したくない!」と思っていると、全く

売るタイミングを逃してしまうので、かえっていつまでも

売れずに、「不良在庫」と化してしまうので、要注意です。

出品初心者が陥りやすい心理状態は?

まだ、経験が浅い状態だとどうなるかというと

「最低価格で売れない」

    ↓

「値段を下げないと売れない」 

    ↓

「値段を下げる」

    ↓

「ライバルが自分よりも値段を下げてくる」

    ↓

「最安値じゃないと売れない」

    ↓

「値段をさらに下げる」

    ↓

(このくりかえし)

これでは、自分で得られるはずの利益を減らしているだけで

非常にもったいない。

モノレートのデータは最強

モノレートの過去データは過去1年分を見ることが

できるので、定期的に売れている商品だったら、

焦る必要はない。必ず売れるので心配無用

 

ただし、FBA・自己出品の違いや、中古商品の場合は

コンディション「ほぼ新品」「中古品非常に良い」「可」

や、商品説明の良しあしでも違ってくる。

 

その時の時世によっても違ってくる、そのため

どうしても、自分の思い通りに売れない商品が

出てきてしまうのは必然なんです。

 

もちろん、その逆のケース

そんなに商品状態が良くなかったり

売れるかどうか心配していた商品が

何故か即売れしていくパターンもある。

赤字が出ても、売れたらラッキー

モノレートのデーターが優れているといっても、

自分の期待通りの収益が上がる事は

最初のうちは難しいということばかり言ってきた。

 

なかには残念ながら、赤字で売れて行く商品も

出てくるかもしれない。

 

でも、一番困るのは、仕入れた商品が全く売れずに

残ってしまい仕入れ損となってしまうこと

 

売れてさえしまえば、そのお金で新しい商品を仕入れることが

できるし、なにより全体的に黒字になっていれば、私たちに

取っては何の問題もないということを忘れないでおこう。

どうしても、利益が出ない時や不安な時は?

いくら仕入れをして商品を売っても、全く利益が出ない場合は

「仕入れ方法」か「販売方法」またはその両方に必ず原因がある

 

もしも、あなたが原因がわからなくて悩んでいる場合は

「質問」や「相談」などを遠慮なく、私「楽しいヨッコ」にしてほしい。

 

間違った方法でいくら努力しても、どんどんずれていくばかり

で、そのうちに「や~めた」となってしまうのは、とてももったいない。

 

「せどり」は正しい方法で行えば

誰でも利益が出せるビジネスなので

中途半端なところで辞めてもらいたくない!

正しい知識を身に付けて利益を出しましょうね。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*