BOOKOFFにある新品はおいしい

BOOKOFFで検索していると、良ーく見ると新品という

ことがときどきあります。

こういう商品を見つけると、ほとんど「おいしい」商品

であることが多いんです。




スポンサーリンク

 

BOOKOFFで新品?と不思議に思った方も多いかも?

そうですよね。でも、よ~く見ると結構な確率で

遭遇します。

BOOKOFFでは新品も中古と同じ価格

BOOKOFFの価格というのは不思議で、買取の時に

「新品」でも、販売された時期からの経過年数などで

価格が決まるので、運よく新品を見つけると、利益が

多くなるんです。

New Discovery in Hawaii

この商品も、BOOKOFFで750円で見つけることができました。

しんぴんだったので、3080円で10日くらいで販売することが出来ました。

 

BOOKOFFではケースに入っているので、中身をよーく見ないと

いけませんが、ケースの端の梱包部分、テープで止めてなかったり

三角になっていたりするので、慣れたらわかるようになります。(写真参照)

mikaifu

なぜ、未開封品があるのに見つけられないの?

「BOOKOFF=中古品」というイメージが強すぎて

未開封品が目に入ってないのではないでしょうか。

 

注意して見ていくと、1回の仕入れで数本見つかる

ことも結構あります。

意識して見ているか?いないか?の違いだけだと

思いますが、中古品として見るのと、新品として見るのとでは

全く違いますよね。

 

未開封のいいところは仕入れがしやすいし

写真も掲載しなくていい検品もやらなくてOK!!

というところ、しかもすぐに売れて利益も多ければ

いうことなし!

ちょっと注意して見るか?どうか?それだけです。

せどりは見る視点を変えれば仕入れる商品は

たくさん存在します。

 

そして販売経路を増やせばさらに仕入れが

やりやすくなります。

せどり=ブックオフ  (仕入れ)
せどり=アマゾン   (販売)

仕入れ先は「ブックオフ」だけではないし

販売先は「アマゾン」だけではありません。

頭の固い思考をしていると見えるのもが見えなく

なるかもしれませんね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*