せどりの収入は労働収入?

私は6月末に足首を骨折して、

1か月半入院していたのですが、

その間にも、Amazonに送っていた

DVDは自動的にに購入されて




スポンサーリンク

 

売り上げが上がっていました。これって?

FBAは最強!

病院にはパソコンを持込みことができたので、売り上げだけは

チェックできました。

私が骨折したのが6月28日でその前日に仕入れてきた商品が

家には山積みでした。

最近、DVDのクリーニングと梱包は息子に手伝ってもらっているのですが、

家に置いていたのは、買ってきたままの商品

写真撮りと出品作業(商品説明)はいつも私がしているのですが、

今回は買ってきたまま、何もせずにおいていました。

息子に「やって見ない?」と尋ねてみましたが、「イヤ」と

即答されて、仕方なく退院するまで放置。

ただね、、今までに仕入れた商品はAmazonのFBAという

サービスを使っているので、なんと入院中でも

お客様から注文が入った商品は、Amazonが自動で集金して

配送してくれていたんです。これがすごく嬉しかった。

その当時の売り上げがこの画像です。

この売り上げが少ないと思うか、どうか?はその人次第だと思うけど

私にはとてもうれしい出来事でした。

 

去年の11月にも人工関節置換術という手術を受けるために、3週間ほど

入院したんですが、その時はあらかじめ分かっていたので、入院期間分を

見越して、多めに仕入れをしてAmazonに送っていたんですが、今回は

突然の事故での入院でまったく準備なし!

この入院中に、今までの不良在庫も売れてくれたので、結果オーライ!

足首骨折の後遺症とは?

入院中にも売り上げが上がり、それはそれでよかったけれど

退院しても、自宅はエレベーターなしの3階なので、一人で暮らすには

不安だらけだったので、しばらく実家で暮らすことにしました。

6月27日に仕入れたDVDも自宅に置いたまま、退院してから1週間くらい

してから、やっと出品出来ました。

その後も、試しに仕入れに行ったものの、1時間もたたないうちに

ギブアップ!

何故か?って

足首の骨折というのは厄介で、足の血流がなかなか元通りには

ならないんです。

もう、ね、足がじんじんしてどうしようもなくて

支払いだけ済ましたら、店員さんに車まで持ってきてもらうように

頼んで、急いで車に戻って座って、「ふう~」

「こりゃ、しばらくは仕入れも細切れにしかできないわ!」

と思って、せどりというのはやはり労働収入だと身に沁みました。

せどり以外にも収入が入る仕組みをいくつか持つ必要性を

強く感じた出来事でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*