Keepaの使い方知ってる?

 

あなたが今パソコンのブラウザとして使っているのは何ですか?

私はグーグルクローム」を使っています。すごく早くていいですよ。

今日は、「中古DVDせどり」グーグルクロームの拡張機能について

仲間から教えてもらった情報を皆さんにもシェアしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

グーグルクロームの拡張機能の一つに「Keepa.com」というものがあります。

まずはその拡張機能をあなたのパソコンに追加しましょう。

Keepa.com

この機能を使うと全世界のAmazonの価格変動の推移を見ることができます。

ですが、その機能についてはあとで説明することにして、今日知ったもう一つ

便利な使い方についてお知らせします。

Amazon出品者の持っている在庫がわかる?

「Keepa.com」をパソコンに追加すると、アマゾンの商品ページを開いたときに

商品画像の下にこんなグラフが表示されるようになります。

このグラフの中の設定のところをクリックして、

 

 Display produckt’s stock quantity for some merchants on offer pagesを「はい」

にするだけです。

 

そうすると、商品ページの各出品者のところに下の図のように在庫数が表示されます。

中古品の場合はほとんど1点づつのことが多いですが、新品商品を安く仕入れられそうな時等

各出品者の在庫数がわかれば、仕入れるとき、どれくらいの数量を仕入れるか?判断するのに

役立ちそうですね!試してみてくださいね!

Keepaの主な使い方

Keepaというのはグラフを見ることで、過去の価格推移を見ることができます。

 

上のグラフのオレンジがアマゾンの新品、ブルーがアマゾン以外の新品、黒が中古品です。

右下の期間、1週間、1か月、3か月、全期間(330日間)のどれかを選ぶことで、

その期間の価格変動を見ることができます。

商品を仕入れるときに、このグラフを見ることで、現在の仕入れ値が高めか安めか?

を判断する材料になります。

 

さらに、統計のところをクリックすると

最安値、最高値、平均価格、ひと月当たりの平均変動回数を確認できます。

(上のグラフの削除と書いてあるところの右側が平均変動回数です。)

これらの情報を知ることで、商品が「定期的に値下がりする期間がある」

「もう少しは下がりそうだ」「長い期間ほとんど変動無いんだ」といった分析が可能になります。

 

明日は「Keepa.com」のもう一つの機能のトラッキング機能についての解説をします。

お楽しみに!

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*