FBA納品時の配送料が無料

2月1日から始まった

FBA納品時の配送料無料キャンペーン

で送料負担がなくなったのはいいけれど

 

 

スポンサーリンク

 

 

FBA納品時の配送料無料キャンペーンを使てみたら?

送料「0」ということで、チャンスとばかりにFBAパートナーキャリアの

商品量が増え、FBA倉庫がパンク状態にあるらしい。

そりゃあ、そうだよね!

送るたびに1000円以上かかっていた送料がかからないんだから、

「送らにゃソンソン」

「このさい、たくさん送っておこう!」

みんな考えるよね~

しかも、このキャンペーンは12月31日まで、というからかなりの太っ腹

 

ただし、条件があって、今まで送り先の倉庫を指定していた人は、指定を

解除しなければいけない。

 

[適用条件]  下記①~③すべての条件を満たす必要があります。

 

①    FBAパートナーキャリアを利用して納品されること。

FBAパートナーキャリアとは、Amazonの物流倉庫であるフルフィルメントセンター(FC)へのFBA納品に際して、日本郵便のゆうパックを特別割引料金でご利用いただけるサービスです。

セラーセントラル上で、利用手続きや配送伝票の出力を行うことが出来ます。

詳しくはこちらをご確認ください。

②    一度の納品につき、小型・標準サイズの商品は10点以上、大型サイズの商品は1点以上納品いただくこと。

キャンペーンは自動的に全出品者様に適用されるため、キャンペーンの期間中はこのルールを守ってFBAパートナーキャリアをご利用ください。

このルールを守っていただけない場合、FBAパートナーキャリアの利用を停止させていただくことがありますのでご注意ください。

③    FBAの納品先指定オプションをご利用中ではないこと。

 

私も今まで鳥栖の倉庫に指定していたのを解除しました。

ただでさえ、鳥栖よりも遠い倉庫になるんだから、日にちがかかるのは仕方ない。

と思っていたんだけれど、このFBA倉庫がパンク状態!でさらに日にちがかかって

しまって、送ってから3日たたないと在庫に反映しない。

このFBA納品時の配送料無料キャンペーン、ゆうパックを利用するので、郵便事業にも

かなり影響をあたえているようだが、アマゾンといえば他にも問題があることがわかった。

ヤマト運輸の宅配便引き受け量抑えて!

2017年春闘で、ヤマト運輸の労働組合が会社側に「宅配便の引き受け量を抑えて」

という要求をした、というニュースが報道された。

インターネット通販の拡大で宅配便の量は増えているが、ドライバーの数がそれに

全然追いついていない!という現場からの悲鳴に近い要求だった。

 

実は今年の4月に宅配便2位の佐川急便がアマゾンとの取引から撤退したらしい。

そのしわ寄せが全部ヤマト運輸にのしかかって、ヤマト運輸のドライバー達は

「もう、限界!」

ということで、今回の要求になったということらしい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*